ウインドリバーの採用事例

バリアンメディカルシステムズ

「ウインドリバーは、画像誘導放射線治療用装置TrueBeamに必要な非常に高い精度を実現するためのテクノロジプラットフォームを提供してくれました」


—バリアンメディカルシステムズ社ワールドワイドカスタマーサポートサービス担当、バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャー、パトリック・ヨーダ氏

バリアンメディカルシステムズが画像誘導放射線治療と放射線外科手術システムを強化

年間数十万人の生命を救うことを使命とするバリアン社の革新者に妥協は許されません。だからこそ彼らは、最先端のTrueBeam™放射線治療と放射線外科手術システム用の動作環境としてウインドリバーを選びました。

同社のチームが、信頼できる性能のVxWorks®プラットフォーム上で構築したシステムは、これまでの癌治療の概念を塗り替えるもので、10ミリ秒おきに正確な検査を行い、10万種類以上のデータを治療期間中継続して監視することができます。癌との戦いでは、どんな些細なことも見逃せません。そして、どれだけ努力しても十分ではありません。

バリアンメディカルシステムズ社ワールドワイドカスタマーサポートサービス担当、バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャー、パトリック・ヨーダ氏は次のようにコメントしています。「ウインドリバーのおかげでバリアン社は、画像、患者の位置、モーション管理、ビーム形状、さらに線量照射技術間の同期を強化することができました。ウインドリバーの信頼できる性能のVxWorksリアルタイムOS(RTOS)上で構築した弊社のシステムは、これまでの放射線治療の概念を塗り替えるものとなるでしょう」

バリアン使用ソリューション

VxWorks

紹介コンテンツ

広告