ウインドリバーの採用事例

ボーイング

Wind River® VxWorks®プラットフォームが、史上最速の受注ペースを記録する広胴機、ボーイング787ドリームライナーの開発に貢献

イノベーションを大空へ:ボーイング787ドリームライナーのコアシステムを支えるウインドリバー

2004年の初受注以来、ボーイング787ドリームライナーは、広胴機として史上最速ペースの受注を記録しています。現在、需要に間に合うように、月産10機のペースで生産されています。2014年にボーイング社は、自社予測を上回る111機のドリームライナーを納入したとみられています。787シリーズの異例の好調さの鍵は、新技術と革新的な設計にあります。Wind River® VxWorks® 653プラットフォームは、ドリームライナーの実現に貢献しています。

ボーイング使用ソリューション

Wind River VxWorks 653プラットフォーム

紹介コンテンツ

広告

VxWorksが70以上のアプリケーションの統合とオーケストレーションを実現

ドリームライナーの中枢神経系の役割を担うのが、GE・アビエーション社が開発した、統合化アビオニクス(IMA)ベースの革新的な共通コアシステム(CCS)です。パーティショニング機能を備えたウインドリバーの業界をリードするVxWorks 653は、GE製CCSの基盤です。15社を超えるボーイング社のサプライヤーが納入する70以上のアプリケーションについて、エラーのないオーケストレーションを行います。VxWorksにより、多数のサプライヤーを非同期で統合できます。そのため、安全認証レベルが異なる複数のアプリケーションを、1つの共有コンピュータプラットフォーム上で、高い信頼性をもって稼働することが可能です。ウインドリバーの組込みシステムは、イノベーションを推進する最先端の信頼性と性能を実現します。