マシンデータを引き出してモノのインターネット(IoT)システムを管理

Wind River® Helix Device Cloudにより、マシンデータを安全かつ容易に収集、分析、統合して、IoTデバイスの管理を簡素化できます。


Device Cloudの概要をダウンロードする

センサー、デバイス、マシンをネットワークインフラにセキュアに接続

Device Cloudはクラウドベースの既製のIoTプラットフォームであり、大規模なデバイスの構築と展開に伴う複雑さを大幅に減らします。

Device Cloudは、デバイスからゲートウェイを通じて企業内に至るまで、データの移動を安全に管理します。また、このデータを他のシステムやデータソースと統合し、IoTデバイスやシステムの管理を自動化するために活用できます。


Device Cloudの特長:

ネットワーク対応マシンをリモートで設定、監視、アップデート
保存データと送信中のデータを保護
クラウドに接続してマシンデータを取得、分析
ライフサイクル全体を通じてデバイスを管理
幅広いデバイスやOSをサポート



詳細はこちら

Device Cloudとは?

IoTデータを競争優位性に変える

運用を可視化

IoTインフラ内の状況を容易に把握できます。

ビジネスの知見を獲得

データソースを組み合わせ、運用についての新たな観点を得られます。

新たな収益源を獲得

内部データと外部データを組み合わせてサービスを構築します。

製品のデリバリを加速

デバイスのプロビジョニングと設定タスクを自動化します。

ダウンタイムを排除

継続的な監視により、デバイスやシステムの問題を即座に通知します。

保守要員を派遣することなく対応

数を問わず、デバイスのトラブルシューティング、パッチ適用、アップデートをリモートで実施します。