モノのインターネット(IoT)向けアプリケーションの構築を簡素化

Wind River® Helix App Cloudにより、システムメーカー、インテグレータ、オペレータは、IoTソフトウェアの構築を加速できます。

App Cloudの概要をダウンロードする

いますぐ登録

ご登録済みの方は、英語サイトよりログインいただけます。

App Cloudによって、誰もがIoTデバイス向けアプリケーションの構築が可能

組込みリアルタイムOS(RTOS)を使用するIoTデバイス向けアプリケーションは、これまで構築が複雑でしたが、App Cloudのクラウドベースの開発環境によって、この複雑さを解消できます。ソフトウェアエンジニアは、基盤となるOSやデバイスハードウェアに関する専門知識がなくても、物理デバイスとリモートデバイスの双方に容易にアクセスできます。


App Cloudの特長:

複雑なデバイスソフトウェアの設定ではなく、アプリケーションの構築に時間とリソースを集中
さまざまなハードウェアプラットフォームで複数のソフトウェア開発キット(SDK)を動的に構築して管理
どこからでもアプリケーションやデバイス環境にセキュアにアクセス
パートナーなどのサードパーティがアプリケーションを簡単に開発、修正

App Cloudとは?

Wind River Rocketで
IoTアプリケーション開発を支援

組込み用デバイスやシステムの開発プロジェクトを支援するため、App Cloudには、ウインドリバーの無償の小型組込みデバイス向けRTOSであるRocketが搭載されています。

Rocketの詳細はこちら

App CloudによってIoTへの投資を最大限に活用

開発コストを削減

専門のエンジニアリングリソースを維持するコストを排除できます。

アクセスを開放

あらゆるチームメンバーやパートナーに、IoTアプリケーションへのアクセスを簡単に許可できます。

アジャイルなプラクティスをサポート

ハードウェア関連のプロジェクトの依存によってこれまで生じていた制約を取り除きます。

開発をスピードアップ

多様なアーキテクチャやデバイス向けのアプリケーションの構築を加速できます。

自由にカスタマイズ

場所を問わず、あらゆるデバイスをローカライズ、カスタマイズ可能です。

投資保護

あらゆるデバイスを簡単にアップグレード、更新できます。

アカウントに登録